れーたまの冒険日記!

~料理と本と学んだことを書くブログ~

MENU

R-1無限増殖!?私のヨーグルト事情

みなさんこんにちは!

れーたまです!

 

みなさんはヨーグルトを食べる習慣はありますか?

私は毎日た~っぷり食べています!

 

 

一番好きなヨーグルトはR-1

ただ・・・高い!!!

 

毎日たっぷり食べるにはお財布が大打撃( ゚Д゚)

ということで、3年前からヨーグルトメーカーを使ってR-1無限増殖をしています!

 

毎日たっぷり食べてるおかげか、おなかもすっきり!体の調子が良くなった気がします。

 

 

本当におすすめなので、今回はR-1を種菌にした手作りヨーグルトの作り方をご紹介します。

慣れてしまえば1日5分で完成!とっても簡単ですよ!

 

※R-1に含まれる体にいい成分を完全に再現する訳ではありません。私はR-1の味が好きなので、毎日お財布に優しく美味しいヨーグルトを食べたいという目的で作っています。ご了承ください!

 

 

揃えるもの

 

私が実際に使っているものの詳細は、最後の方にまとめて張り付けておきます。

気になる方は目次の「実際に使っている商品」から飛んでみてください(*´ω`)

 

 

・ヨーグルトメーカー(必需品)

使い込んでいるので、きれいじゃなくてごめんなさい(笑)

 

 

 

・種菌となるヨーグルト(必需品)

私はR-1ドリンクタイプを使用。(低カロリーや味付きでなく、ノーマルタイプ)

お好きなヨーグルトでも作ることができます。ただし、種類によってうまく固まらないこともあるので、めげずに色々な種類でチャレンジしてみてください!

 

 

 

・牛乳1リットル×2(必需品)

成分無調整ものであれば何でもOK!

 

 

 

・ヨーグルトをすくうスプーンとかき混ぜるための長いスプーン(あると便利)

すくうスプーン(右側)は自宅にあるスプーンでも何でもOK。たくさんすくえるものだと便利。

かき混ぜるスプーン(左側)は牛乳パックより長いものを2本もっておくのがおすすめ!

短いと手がべたべたになってストレスに(笑)

 

 

 

・牛乳パックのふた(あると便利)

 

ヨーグルトを作った牛乳パックにふたができる優れもの!

クリップよりも使いやすいのでおすすめ!

溝を牛乳パックにひっかけて、引っ張ってスライドさせると・・・

 

 

 

みょーんと伸びて、

このようにふたをすることができます!

絵も癒される(笑)

 

 

 

・砂糖(必需品)

お家にある砂糖でOKです!

 

 

これらを揃えれば完璧です!

私は3年間使えているので、毎日のヨーグルト代を考えるととってもお得ですね(*´ω`)

 

 

作り方

 

1 牛乳の量の調整

 

始めにつくるときは、牛乳の量を約半分に減らします。

(量が多いとさらさらのヨーグルトになってしまいがち)

 

私は飲みかけの牛乳パックにだ~っと移しちゃってます(笑)

 

 

 

2 種菌と砂糖を入れる

 

牛乳パックに、種菌(今回はR-1のドリンクタイプ1本)と、砂糖40gを入れます。

かき混ぜる用の長いスプーンでよくかき混ぜます。

 

※ヨーグルトの弾力は砂糖の量で決まります。

私は失敗を重ねて40gがベストだという結論にたどり着きました(笑)

量を調整して、自分好みを探してみてくださいね!

 

 

 

3 ヨーグルトメーカーに入れる

 

牛乳パック用のふたをして、ヨーグルトメーカーに入れます。

私が使っているメーカーだと、電源入→プレーンのボタンを押すだけ!

スイッチが切れるまで放置します。

(時期によりますが、5時間~10時間くらいで切れます)

 

 

 

放置後、開けてみるとこんな感じに!

固まってますね!

 

 

すぐに作らないときは、ふたをしたまま冷蔵庫に入れておきましょう!

常温に置いておきすぎると、発酵が進み、酸っぱめになります。

ここで食べたい気持ちをぐっと抑えて、2本目の牛乳でヨーグルトを作ります。

 

 

4 牛乳の量の調整(2本目の牛乳)

 

2本目の牛乳の量を、だいたい7分目まで減らします。

だいたいでOKです!

 

 

 

5 作ったヨーグルトと砂糖を入れる

 

3で放置して完成したヨーグルトの上澄みを取り除く。(ざっとでOK)

 

中の方からヨーグルトをすくい、4の牛乳に入れる。

私は大きめのスプーンで4杯分すくって入れています。

この量もお好みで調整してみてください(*´ω`)

 

砂糖40gも入れ、長いスプーンでかき混ぜる。

 

 

 

6 ヨーグルトメーカーに入れる

 

3と同じようにふたをし、ヨーグルトメーカーに入れる。

スイッチ入→プレーン

 

 

 

食べましょう!

 

2本目の牛乳をヨーグルトメーカーに入れれば、ようやく食べられます!

仕上がりはこんな感じ!

 

 

とろっと濃厚でとっても美味しいです!

甘さがついているので、そのままでもGOOD。

はちみつを入れても美味。

 

私は気分によって、プレーンで食べたり、ナタデココやミカンの缶詰を牛乳パックにそのまま突っ込んでフルーツヨーグルトにしています!

色々なアレンジをしてみてください!

 

 

ヨーグルトを保存するときは、写真のようにしています。

 

 

先ほどの牛乳のふたで保存するのももちろんOKです。

私は面倒くさがりなので、スプーンをいちいち取り出したくない!

ということで、スプーンをさしたまま大きなクリップでとめてしまっています(笑)

 

 

 

実際に使っている商品

 

・ヨーグルトメーカー

音も静かで使いやすい!値段は安いですが、使い勝手は◎!

 

 

 ・スプーン

私はこちらのバースプーンを使っています。

牛乳パックよりもかなり長いのでストレスフリーで使えます。

 

 

ただ、2本そろえると少し値段が張ってしまうのでこちらでもいいかも!

ヨーグルトスプーンという存在を知らなかった当時の私(笑)

 

 

 ・牛乳用ふた

お手頃なので持っていて損はないです!

 まとめ

 

いかがでしたか?

この方法は牛乳パックをそのまま使うので、衛生的かつ手軽に作ることができます。

たっぷりできるので、お料理や水切りヨーグルトなどアレンジもできちゃいますね!

 

ヨーグルトは毎日食べ続けることで効果が表れるといいます。

お財布に優しく毎日続けられるこの方法で、健康的な体を手に入れましょう!