れーたまの冒険日記!

~料理と本と学んだことを書くブログ~

MENU

ひねるだけで濃さを調節!?便利なタンブラー「ツイスティー」を使ってみた!

f:id:Retama:20180207202636j:plain

 

みなさんこんばんは!

れーたまです!

 

職場や自宅で紅茶を飲んでほっと一息。

・・・したいのに、ティーパックや茶葉をいちいち取り出すのが面倒になることはありませんか?

 

めんどくさがりの私は、このひと手間が苦痛でたまらない!笑

 

こんなときに、とっても便利なグッズを見つけたので紹介します!

 

 

今回紹介するものは、ツイスティー!

 

ツイスティーはタンブラーとポットが1つになったものです。これ1本でお茶を入れることができます。

そして、なんと!ひねるだけで濃さを調節することができるんです!

これが本当に便利。

 

文書で見てもイメージがわかないと思うので、写真で見ていきましょう!

 

 

 

ツイスティーの紹介

 

まず、箱が可愛いですね!

 

 

本体はこんな感じのタンブラー。

上と下にふたが付いています!

上が飲み口になっていて、下には茶葉を入れることができます。

 

 

 

私は赤色をチョイス。
他には白、ピンク、グリーンがあるみたいです!どの色も可愛い!

 

容量は280mlで大きさは普通のタンブラーくらい。
手に持つとずっしり重いので、持ち歩きには向かないかも。

職場や自宅に置いて使う分には全然気になりません!

 

上の飲み口はこんな感じ。

 

 

飲み口が小さいので、どばっと出てくることもなく飲みやすいです!

ただ、入れたては本当に熱いので注意(笑)

 

 

下の茶葉を入れるところはこんな感じ。

 

茶葉を入れる部分もとっても洗いやすいのがお気に入り!

 

 

そしてこのツイスティーの1番のポイント!

下側が、こういう穴になっています。

 

抽出するときは穴があいていて、ひねると穴がふさがる仕組み。

好みの濃さになったら、ひねることでお湯と茶葉の間に仕切りができるんです!

 

考えた人天才だわ〜!笑

 

では、早速お茶を入れてみましょう!

 

使い方

 

穴がオープンになっているか確認

 

 穴がオープンになっているか確認しましょう!

しるしがこのようになっていればOK!

 

 

下側に茶葉を入れる

 

下側に茶葉を入れます。

 

これでだいたい6gの茶葉を入れています。

まだ余裕があるので、容量たっぷりですね!

 

上側からお湯を注ぐ

 

下側にふたをして上下ひっくり返し、上側からお湯を注ぎます。

私は最初、そのまま下側から注いじゃいました。説明書を読もう、わたし(笑)

 

 

好みの濃さになるまで待つ

 

そのまま好みの濃さになるまで待ちます。

 

 

ひねる

 

好みの濃さになったら、ひっくり返して(下側の茶葉を上にして)ひねります。

ひねることで、これ以上濃くなりません!

やけどに気をつけて飲みましょう!

 

 

このツイスティー、2回目もちゃんと濃く抽出できるところがすごい!

 

1回の茶葉やティーパックで2杯飲めるのは、お財布にも嬉しいですね!

 

まとめ

 

今回は温かい紅茶を作りましたが、水出しもできるそう!

下側に茶葉を入れ、上側から氷をいっぱい入れて水を注ぐだけ。

 

4〜5分待てば美味しい水出しティーが楽しめる!夏にぴったりですね!

 

どんな季節にでも使えるツイスティー、

ご自宅や職場の相棒にしてみてはいかがでしょうか!