れーたまの冒険日記!

~料理と本と学んだことを書くブログ~

MENU

チーズはどこへ消えた?

みなさんこんばんは!

れーたまです!

 

今日はこちらの本の感想文です。

 

 

スペンサー・ジョンソンさんの「チーズはどこへ消えた?」

 

人気の本でずっと気になっていたのですが、やっと読めました!

 

 

こんな人におすすめ!

 

・挑戦したいのに尻込みしてしまう人

・変化に対応するのが苦手な人

・考え方を変えたい人

 

薄くて文字量が少ないので、本が苦手な方でも読みやすいと思います!

薄くても内容は盛りだくさんです!

 

感想

 

この本は、性格の違うネズミ2匹と小人2人が迷路の中にあるチーズを探す物語です。

読み始めたときは、チーズって何!?と思ったのですが、自分の大切なものや悩みに置き換えて読み進めるととても深いお話になっています。

 

読む人の気持ちによって受け止め方が違うだろうな〜という面白い内容です!

 

特に印象に残ったところを紹介します。

 

もし恐怖がなかったらなにをするだろう?

 

もしこうなってしまったらどうしようというまだ起きていない心配事で頭を悩ませることがあると思います。

私もよく、失敗したらどうしようなど考えて、挑戦せずに尻込みしてしまうことがあります。

 

そんな私にはこの言葉が刺さりました。

 

恐怖がなかったらなにをするだろう?

 

その答えこそが今自分が本当にやってみたいことなんだろうなと感じました。

迷ったときには、この質問を自問自答して前に進んでいきたいなと思います!

 

恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる

 

もしこうなってしまったらどうしようという心配事は、自分が思っているよりも起こりません。

迷って迷って、勇気を出して恐怖を乗り越えてみれば、思っていたよりも物事がうまく進んだという経験があると思います。

 

挑戦するかどうか迷ったときには、恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになるということを思い出してみようと思います!

 

従来どおりの考え方をしていては新しいチーズはみつからない

 

新しいことを覚えなければいけないとき、あなたはどう感じますか?

 

今までのままでいいのに、面倒くさいな…

新しいことを覚えられて成長につながるな

 

同じことをやるにも、考え方ひとつでネガティブな気持ちになるか、ポジティブな気持ちになるかが変わってきます。

 

人は考えを変えると行動を変える生き物だそうです。

変化を嫌って抗う人もいます。

私は、変化に適応することで成長するんだという気持ちを忘れずにいきたいと思いました!

 

まとめ

 

変化を恐れていた小人が迷い、気づき、挑戦し、変わっていく姿に共感しました。

読んでいて一緒に成長をすることができます。

自分を変えたい、挑戦したいことがあるけど踏み出せないという方に特におすすめの本でした! 

 

 れーたま’sポイント!

 

・もし恐怖がなかったらなにをするだろう?を大切にする!

・恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる!

・変化に適応することで成長する!